2014年2月28日金曜日

数年ぶりに倒れるinアメリカ

だいぶ遡りますが、2月の最終週に
数年ぶりの熱を出して倒れました。

インフルエンザに最後にかかったのは、
おそらく15年前。
まともに熱を出したのも5年以上は前です。


2月23日(日)

この日は、出張でRaleighに来た大学時代のバイト仲間と、
彼の会社の方と食事をすることになっていた。
NCに友人がくるなんてまたとない機会!!
起きたらちょっと体調がすぐれない感じがしたけれど、
再会を楽しみに出発した。

夕方、なんだかどんどん具合が悪くなり、
帰宅したとたん、ものすごい寒気。
すぐベッドに飛び込んだ。

その後はもう、寒気と頭痛にうなされ
何も考えられず、ただ寝込むばかり…。

2月24日(月)
幸い、夫が在宅勤務にしてくれたので
本当に助かった。
ひたすら…頭痛に苦しみながら眠り、
起きてまた頭が痛くて、痛みを逃れるために眠る。
子どもがはしゃぐ声も頭に響いて仕方ない。
熱が39度を超える…これはインフルエンザなの??

2月25日(火)
夫に病院に連れていってもらう。
検査をしたらインフルエンザは陰性!
でもタミフルを処方される。

驚いたのは、予防接種を受けていなかった夫も
予防のため同量のタミフルを処方されたこと@_@


しかも、「タイレノール(風邪薬)も飲んでね」と言われ、
処方箋に書いてあるのかと思っていたら
書いていなかった…。(別途買ってね、ということらしい)

飲み始めたら少しずつ回復していきましたが、
水曜はまだほとんどベッドに横になって休息。

久しぶりの体調不良は本当にしんどく、
こんなに頭がいたくて脳がどうにかなってしまうのではと
朦朧としながらも思うほどでした。

そして、眠りから覚めても苦痛が治まっていないという
絶望的な思い。重い病気と闘っている人は
いつもこういう思いで目覚めを迎えているのか…?と
あらためて、普段考えの及ばないところまで思いめぐらしました。


そんなしんどい数日間でしたが、
夫が柔軟に勤務体制を変更して看病と家事育児を
行ってくれたことが本当に助かりました。

健康って本当にありがたい!!!
一日一日の貴重さをかみしめながら生活していきたいと思います。





0 件のコメント:

コメントを投稿