2015年7月20日月曜日

一時帰国の工夫【快適ノマド生活のためのWi-fi&電話】

一時帰国のあいだ、私が日々どんな風に過ごすかというと…
実家と夫の生家に主に滞在させてもらいながら、
子どもを3週間公立の小学校に体験入学させ、
その時間にできるかぎり仕事をする、という生活です。

仕事をする場所としてはこんな感じです。
●スタッフの自宅におじゃましてコワーキング
(今回は、滞在中のスケジュールを全てGoogleスプレッドシートで事務局にシェアし、うちにきてもいいよという日を募らせてもらいました!)

●代表のマコさんが入居されているコワーキングスペース「みどり荘2」でミーティング

●公共施設の会議室(これは事務局の合宿でワークショップを行ったとき)

●または公共施設の和室でミーティング(笑。落ち着くんです) 

上記に加え、カフェでPCを開くことも。
となると、欠かせないのがWi-fi!

一応再度レンタル業者さんを調べてみた結果、
昨年に続けて、「WiFiレンタル屋さん」でレンタルしました。
【WiFiレンタル屋さん】

・日割りでOK
・空港受けとりOK
・返却はポストに入れればOK
という便利さが一番の決めてですが、
WEBサイトが信頼感のある雰囲気というのもかなり大きなポイントでした。
ギラギラしていたり目がチカチカする感じだと、ちょっと落ち着かないですよね。

百聞は一見にしかずなのでぜひご覧ください〜。回し者ではないですが^^
【WiFiレンタル屋さん】

そしてもうひとつ、悩みの種だったのが電話。

スマホなのでLINEやFacebookメッセンジャーの無料通話で
全て済むなら良いのかもしれませんが、
スマホを使わない相手との連絡や、仕事で外部の方と連絡を取るとき、
何かの予約や問い合わせをするときなどには
やはり電話が必要。

初めて一時帰国した昨年はプリペイド携帯を購入したのですが
・iPhone、Wi-fi、充電機器、PCに加えて携帯も。重くてツライ…。
・通話料は、まあそれなりに…カードを都度買うのもなかなか面倒。
などなど、何とかならないかなあと思っていました。

SIMカードをなんとかかんとか…という方法もあるかもしれませんが
「なんとかかんとか」って書いている時点で、このジャンルへの
私の理解度の低さをお察しいただけると思います(苦笑)

そんな弱気な(?)私のFacebookの書き込みに
懇切丁寧なアドバイスをコメントしてくれたのは

●産後ママのための保育つき出張リフレ みまもりリフレ●
の代表をつとめる薫さん!

みまもりリフレは保育士さんとリフレクソロジストの方が出張で来て下さり
産後のお母さんが心からリラックスして施術を受けられる素晴らしいシステム!
私も仲間といっしょにお友達への出産祝いにプレゼントしました★
薫さんが教えてくれたのは、iPhoneアプリをインストールして
IP電話を利用できるサービス「Smartalk」

通話も(少なくともコチラ側は)割とクリアだし、
iPhoneにインストールするのですでに入っている連絡先データを使えるし、
着信や留守電をEmailで通知してくれる機能もなかなか便利。
私は最低限の連絡メインなので、通話料もかなりお安いと思います。

こうして情報通信の進化の恩恵を受けて
毎年少しずつ一時帰国ライフが快適になるといいな〜と思います。
(今は欲を言えば…Wi-fiがもう少し小さくなってほしい…!)


0 件のコメント:

コメントを投稿